学校法人 吉川学園・社会福祉法人 恵育会 理事長あいさつ

現代の社会は、本当に早いスピードで目まぐるしく変化していると感じられます。しかし、こんな時代だからこそ、子どもたちがありのままの自分を大切にし、自信をもってのびやかに生きてゆける力をはぐくみたい。毎日の生活の中で自分に注がれる愛を感じ取れた子どもは、自分の存在が大切なものであることに気がつきます。
そしてそういった安心感の土台の上で、可能性に満ちた未来に向かって確かな一歩を踏み出せるのです。
私たちは、お子様にとって最も大切な時間を、園の先生たちと共に充実させ、実りあるものにしたいと思っております。これからも、地域の皆様に、今まで以上に信頼いただける「認定こども園」を運営していきたいと思います。

学校法人 吉川学園・社会福祉法人 恵育会
理事長吉川 巧一

学校法人 吉川学園 Yoshikawa gakuen

学校法人 吉川学園 大方針

簡単なことを正確にする

簡単なことを正確にする そのためには、どんな事でも、その基礎が大切です。乳幼児期の原体験により形成された自己は、生涯にわたりその人の「人」の基盤となると言われています。つまり、幼児にとって「基礎」とは人間の基礎を形成する時期と言えるのです。単なる知識の丸暗記や、子どもに一見教育的な作業をやらせるということは、乳幼児期の子どもの発達に適しているとは言えません。
その為に、私たちはまず、子どもひとり一人の精神の安定をはかることにより、素直な心を育てることができると考え、日々保育の実践をしています。
伸び伸びと元気いっぱいに楽しく過ごし、様々な事に興味を示し、素直に驚き、感激をし、喜んだり悲しんだりすることから、園児ひとり一人の豊かな心を育てていく教育を実践して、心の成長を職員全員でお世話しています。

学校法人 吉川学園 重点保育方針

「基本的生活習慣」の確立

「基本的生活習慣」とは、一般的には「食事・睡眠・排泄・清潔・衣服の着脱」の5つと言われていますが、当園の考える「基本的生活習慣」とは、上記の5つを踏まえて「挨拶」「人の話を聴く」「整理整頓」「清潔に保つ」「基本的人間関係」なども「基本的生活習慣」として扱っております。これらは、単に生活の基礎のみならず、社会人としての人格形成の最も基礎となる部分も重点的に扱っていると言うことです。これらは「徳育」とも言われることもありますし「躾」とも言われます。
また、「基本的生活習慣」を確立させるためには日々の訓練が必要となります。しかし、その日々の行動は楽しくなければ子どもたちにとっては大変です。従って、私たちは乳幼児期の子ども達にとって、自然で無理のない形で、入園当初より徹底して「挨拶」や「基本的人間関係」等について卒園までしっかりと一貫性を持ち、継続して取り組んでいます。

学校法人 吉川学園 法人概要

法人名 学校法人 吉川学園
代表者 理事長 吉川 巧一
所在地 大阪府守口市早苗町6-9
連絡先 TEL:06-6991-2595
FAX:06-6991-2656
役員 理事6名
監事2名
評議員13名
職員 65名
(早苗28名、槇塚37名)
事業概要 幼稚園型認定こども園
早苗幼稚園

幼稚園型認定こども園
槇塚幼稚園

学校法人 吉川学園 沿革

1950年(昭和25年) 京阪守口市駅前に早苗幼稚園創立
1955年(昭和30年) バス通園が始まる
1966年(昭和41年) 鉄骨園舎 竣工
1967年(昭和42年) 3年保育始める
1968年(昭和43年) 学校法人化
1970年(昭和45年) 大阪万博に出演
1972年(昭和47年) 泉北ニュータウン(堺市)に姉妹園 槇塚幼稚園を開設
1978年(昭和53年) アレルギー食への対応を始める
宿泊保育を始める
1979年(昭和54年) クッキング保育を始める
1981年(昭和56年) 園内調理給食が始まる
1990年(平成2年) 守口市で初めて保育センター開設(1・2歳児教室開始)
2010年(平成22年) 新園舎 竣工(現在地に移転)
2012年(平成24年) 定員を150人に増員
2020年(令和2年) 幼稚園型認定こども園に認可

学校法人 吉川学園 情報公開

社会福祉法人 恵育会 Ikukeikai

社会福祉法人 恵育会 理念

社会福祉法人恵育会の運営する施設は、子ども一人ひとりの人権や主体性を尊重し、子どもの最善の利益のために、保護者や地域と力を合わせ、個々の子どもの成長を最大限に援助するために保育教諭等は豊かな愛情をもって接する。また、倫理観に裏付けされた専門知識をもって子どもの保護者に対して保育に関する指導を行うものである。

社会福祉法人 恵育会 教育・保育目標

社会性を伸ばす力

集団教育において、自分も相手も大切にし、自分も相手も思いやる、優しい心を育くみます。挨拶をはじめとした、どのような関係の人に対してでも必要な態度を身に付けます。

主体的に取り組む力

その子その子の興味に共感することから始めることで、やりたいという主体的な意欲を基に活動に取り組む力を育みます運動の基本動作(走る、投げる、跳ぶ、バランスをとる等)の獲得により、主体的に自身の身体を動かす意欲と力を身に付けます。

自己表現をする力

他者と関わる中で、自分の気持ちをわかりやすく相手に伝える力や、したいことに向かって行動する力を培います。また、困難に立ち向かう気持ちや、乗り越えるために我慢する力や粘る力を育みます。造形活動や劇、ごっこあそび等を通して、幅広い自身の表現方法を身に付けます。

考えて挑戦する力

生活の中で言葉への興味や関心を育て、豊かな情操、思考力、表現力を培います。 感受性豊かなこの時期に、様々な体験を通し、自分なりの感性や創造力を培います。 知的な興味や関心を育て、観察する力や思考力を養います。

社会福祉法人 恵育会 法人概要

法人名 社会福祉法人 恵育会
代表者 理事長 吉川 巧一
所在地 大阪府守口市寺内町2-9-16
連絡先 TEL:06-6991-0497
FAX:06-6991-9239
役員 理事6名
監事2名
評議員7名
職員 54名
(寺内32名、新金岡22名)
事業概要 幼保連携型認定こども園
寺内さくらこども園

幼保連携型認定こども園
新金岡さくらこども園 

小規模保育園
寺内さくらつぼみルーム

社会福祉法人 恵育会 沿革

2004年(平成16年) 社会福祉法人 恵育会 設立
寺内さくら保育園 開設
2015年(平成27年) 幼保連携型認定こども園 寺内さくらこども園 開始
2017年(平成29年) 小規模保育寺内 さくらつぼみルーム 開設
2023年(令和5年) 幼保連携型認定こども園 新金岡さくらこども園 開始

社会福祉法人 恵育会 情報公開

社会福祉法人恵育会の情報公開はWAMNETにて開示しています。

WAMNET