園の特色

寺内さくらこども園は、整えられた環境の中で
「心」と「身体」と「考える力」が育つようにと援助してまいります。
子ども自身が自立へ向かうために主体的な活動を大切にしたいと思っています。

園の教育・保育活動

  • 01-feature1
    教育プログラム
    年齢の発達に応じた“カリキュラム”を展開していく方法として、独自の教育プログラムを作成しています。
    子どもが「よし、やってみよう」「やりたい」と思えるような内容を考えて指導や教材を提供しています。
    年齢別教育目標はこちら
  • 01-feature2
    やさしい保育
    一人ひとりの個性を大切にして、きめ細かく丁寧に子どもたちと関りを深めていきます。時間や内容に合わせた“グループ保育”を行っています。
    1グループは5~6人の少人数で、家庭での生活に近い時間や内容の保育を行っています。また全クラス複数担任制でお子様一人ひとりにより丁寧に接します。また担任には主・副を分けずそれぞれが同じミッションをもって主体的にお子様に接していくことで、保育の内容の向上につながっています。
  • 01-feature3
    外部の講師の先生と
    緊張の中にも、集中して取り組めるように、外部から英語や造形などの専門の講師を招き、子どもたちの好奇心を引き出しながら楽しくすごします。
    英語教室では講師にネイティブスピーカーを必ず招くことで、子どもたちに多様性についての気づきを促すよう努めています。
    ●英語遊び  4、5歳児  週1回
    ●保育造形遊び  全クラス 月1回
    ●お習字の日  5歳児  月1回
  • 01-feature4
    安心の保健体制
    看護師の常駐や嘱託医との連携による健診、保健衛生指導など子どもの健やかな成長をサポートします。
    年2回内科健診、歯科健診、眼科健診を行います。また、週1回部屋の環境や遊具・設備でけがや事故につながるような異常はないかを点検する「安全点検」、週2回施設内の衛生面を確認・改善する「衛生チェック」を行い、お子さまの健康と安全をお守りするように努めています。

給食と食育

  • 02-feature1
    手作り給食とおやつ
    全園児月曜日から土曜日まで完全給食です。「アレルギー除去食」の取り組みも行っておりますので、アレルギーの園児さんはご相談下さい。
    毎月のお誕生会では特別メニューを用意し子どもたちも楽しみにしています。毎日の給食・おやつの見本は、展示しておりますのでお迎えの時などに見ていただけるようになっています。
  • 02-feature2
    栄養のバランスを考えた 「まごわやさしい」
    1日に必要な栄養のバランスを考え、「まごわやさしい」を取り入れ、すべて手づくりです。季節・行事などを考えた楽しい給食献立は園児にも好評です。
    ま:豆類 ご:胡麻などの種実類 わ:ワカメなどの海藻類 や:野菜類 さ:魚類 し:しいたけなどのきのこ類 い:芋類
  • 02-feature3
    乳児クラスの給食
    離乳食(ごっくん・もぐもぐ・ぱくぱく)は月齢に応じた給食となります。
    乳児のおやつは午前10時と午後3時の2回です。発育期の園児のことを考えたおやつで、手づくりのものが中心です。3時のおやつは補食の意味もあり、それに見合ったメニューになっています。
  • 02-feature4
    毎月1回の食育集会
    月に1度、身近な話から食べ物と体のしくみを知ったり食べ物の大切さを知る食育集会を開催しています。参加した園児達は、迎えに来られた保護者に一生懸命聞いた話をしている姿もみられます。
    給食は株式会社シダックス・フードサービスの栄養士さんの企画で、「栄養レンジャー」がお話をしてくれます。
  • 02-feature5
    クッキング
    本園では、3歳児以上でクッキングの時間を設けており、家に帰ってもう1回作りたいとリクエストがあるくらい好評です。また、園庭にプランターで野菜を植えており、4・5歳児が中心になって野菜のお世話をしています。夏になったら、野菜を収穫してどんなクッキングをするか今から楽しみです!