当園について

新金岡さくらこども園が大切にしている理念・基本方針・教育目標

理念

社会福祉法人恵育会の運営する新金岡さくらこども園は、児童福祉法に基づき「保育を必要とする」乳幼児の保育を行うが、保育にあたっては子どもの人権や主体性を尊重し子どもの最善の利益の為保護者や地域と力を合わせ子どもの福祉を積極的に進めるために保育教諭等は豊かな愛情をもって接し、子どもの処遇向上に努める。
また、倫理観に裏付けされた専門知識をもって子どもの保護者に対して保育に関する指導を行うものである。

基本方針

保育の基本方針は、「認定こども園 教育・保育要領」「保育所保育指針」を基とし、保育教諭等が保育に臨む基本的姿勢にあっては、
子どもや家庭に対して分け隔てなく保育を行い、人権を尊重しプライバシーを保護することを第一義とする。
また、常に児童の最善の利益の為に保護者から意見や要望があれば真摯に傾聴し、不明なところがあれば説明責任を果たし、
より良い保育のために努力研鑽することを基本とする。

健康と安全
子どもの「安全」と「健康」を第一義とします。
ご家庭と協力し、お子様の成長にとって最も良い方向を一緒に考えていきたいと考えております。
健全な心身の発達
子どもが心から安らげる環境を用意します。まずは心の安定が優先です。
心が安定するからこそ、周りに興味を持ち、挑戦することができます。
思いやりのある
優しい心の育成
自分と相手を思いやる、優しい心を育くみます。
お子様の個性を尊重するということは、周りもいろんな個性を持っているということです。
そうすると、様々な価値観が共存するということになります。
そのような豊かな環境の中で、自分と他者との境界を学び、人と人とのつながりを大切できることが「思いやりのある優しい心」だと思います。

教育・保育目標

  • 社会性を伸ばす力

    集団教育において、自分も相手も大切にし、自分も相手も思いやる、優しい心を育くみます

    挨拶をはじめとした、どのような関係の人に対してでも必要な態度を身に付けます。

    goal
  • 主体的に取り組む力

    その子その子の興味に共感することから始めることで、やりたいという主体的な意欲を基に活動に取り組む力を育みます

    運動の基本動作(走る、投げる、跳ぶ、バランスをとる等)の獲得により、主体的に自身の身体を動かす意欲と力を身に付けます

    02-about2
  • 自己表現をする力

    他者と関わる中で、自分の気持ちをわかりやすく相手に伝える力や、したいことに向かって行動する力を培います。また、困難に立ち向かう気持ちや、乗り越えるために我慢する力や粘る力を育みます。

    造形活動や劇、ごっこあそび等を通して、幅広い自身の表現方法を身に付けます

    02-about3
  • 考えて挑戦する力

    生活の中で言葉への興味や関心を育て、豊かな情操、思考力、表現力を培います。 感受性豊かなこの時期に、様々な体験を通し、自分なりの感性や創造力を培います。 知的な興味や関心を育て、観察する力や思考力を養います。

    02-about4

理事長挨拶

お子様にとって最も大切な時間を
実りあるものにしたいと思っております

現代の社会は、本当に早いスピードで目まぐるしく変化していると感じられます。
しかし、こんな時代だからこそ、子どもたちがありのままの自分を大切にし、自信をもってのびやかに生きてゆける力をはぐくみたい。毎日の生活の中で自分に注がれる愛を感じ取れた子どもは、自分の存在が大切なものであることに気がつきます。
そしてそういった安心感の土台の上で、可能性に満ちた未来に向かって確かな一歩を踏み出せるのです。
私たちは、お子様にとって最も大切な時間を、園の先生たちと共に充実させ、実りあるものにしたいと思っております。
これからも、地域の皆様に、今まで以上に信頼いただける「認定こども園」を運営していきたいと思います。

理事長 吉川 巧一
理事長吉川 巧一

園長あいさつ

子どもたちに、
確かな教育・保育を

皆様もご承知のとおり、人間にとって、乳幼児期(0~5歳)は、自分自身の人格や能力の基礎を培う本当に大切な時期です。その子一人ひとりの人としての強さや優しさ、表現の仕方など個性の土台ともいえる部分を伸ばしていくためには、心からのびのびとできる環境が大切だと考えます。
当園では、「簡単なことを正確に」の理念のもと、基礎基本を重視し、集団で過ごす中で、様々な社会性を身につけ、情緒の安定した生活が送れるよう環境を整えて、生きる力を育てていきたいと思っております。 また、一人ひとりの子どもたちが、自分でしようとする気持ちを尊重し、温かく見守るとともに愛情豊かに、応答的にかかわっていくことで自己肯定感を育みながら、子どもたちに寄り添う保育を目指していきます。

園長 吉川 歩実
園長吉川 歩実

園の概要

設置主体 社会福祉法人恵育会設立
設立年月日 2004(平成16)年2月26日 ※同年4月1日寺内さくら保育園開設
代表者 理事長 吉川 巧一
施設名称 幼保連携型認定こども園 新金岡さくらこども園
開始年月日 2023(令和5)年4月1日
所在地 大阪府堺市北区新金岡町2-2-1
連絡先 TEL:072-260-9987/FAX:072-260-9986
認定こども園の認定類型 幼保連携型
施設の長 園長 吉川 歩実
定員 1号認定15人 2号認定68人 3号認定36人※利用定員は園運営の状況等により変動する場合があります。
園舎構造及び規模 RC造 敷地面積1,675.92平米 延べ床面積1200.94平米
園庭面積 地上部分401.45平米 2階部分63.08平米
職員数 常勤22人 非常勤5人※子どもの人数及び園の運営状況等により職員の配置状況に変動があります。

沿革

2004(平成16)年2月26日 社会福祉法人恵育会 設立
2004(平成16)4月1日 寺内さくら保育園 開設
2015(平成27)年4月1日 幼保連携型認定こども園 寺内さくらこども園 開始
2017(平成29)年4月1日 小規模保育寺内 さくらつぼみルーム 開設
2023(令和5)年4月1日 幼保連携型認定こども園 新金岡さくらこども園 開始

第三者委員会・苦情解決について

ご意見・ご要望の受付担当者
園長 吉川歩実
ご意見・ご要望の相談解決責任者
園長 吉川歩実

アクセス